先週11月9日に開催されたisucon3本選に、勝浦タンタンメンとして参加してきました。
メンバーは前回と同じく、@hisayosh さんと @sechiro さん。

like3

結果は惨敗。試作は思いつくものの結果に結びつかなかった。複数台構成ということは分かっていたはずなんだけれど、それを考慮した行動ができませんでした。環境の準備とか、動作確認とか。

事前準備と当日の流れを、思い出せる分だけ振り返ってみたいと思います。

事前準備

予選から1ヶ月あったものの、結局は時間が取れず、mod_isucon は template エンジンの実装が間に合わず、開始1時間前までコーディングしていました。 nginx はおまけでやってみようと書籍を買ったものの読む時間がなく、積んだまま。

当日準備

感想

いろいろと準備が間に合わなくて、メンバーには申し訳なく、当日は寝坊までしてしまい、足並みがそろえられなかった。複数台構成をフルに使うには、メンバー全員がきちんと動けることが大事だと感じました。また、言語やツールは普段使い慣れているものが一番なんだと強く思いました。isucon のようにスコアを出す大会なのに、リソースをすべて限りなく利用する構成を視野に入れることができなかったことが残念でした。最初から、最後までスコープが小さいままで良くなかった。

isucon 3 に参加してみて、予選の合宿で isucon 2 を Go に移植したり、本戦用に Apache module を作ったり、MySQL や nginx をいじってみたりと経験できたこと。いい経験になったと思います。

このような機会を作っていただ運営チームの皆様、本当にありがとうございました!