F# meets mruby

F# から mruby を実行するというもの。mruby を C++/CLI でラップし、F# から操作している。 .Net Framework だと、DLR言語という仕組みがあり、動的言語を取り込める。Ruby なら既に IronRuby が実装されている。 .Net Framework で Ruby といったら、やはり IronRuby なのか。それなら、mruby の使いどころを考えないと。 F# meets mruby Gist

Read More

浜松城 - 散策

青春18きっぷのしめにどこかに行きたいと思い、浜松城に決めた。 単に、西側には鎌倉くらいまでしか行ったことがなかったので、少し遠い西の方ということで、浜松に。 電車の移動が4時間ほど。6時前に東京を出発し、10時くらいに浜松に到着。 それから、浜松城を目指し、あとは何か食べて帰るという予定だった。 写真はあとでアップロードしておく。

Read More

Visual Studio 2010 Express で mruby をビルドする

cmake を使えば、簡単にビルドすることができる。”Visual Studio 10” が使えるみたいだが、失敗したので、nmake 方法を選択している。 0. ビルドするためのツールを用意 Visual Stdio 2010 Express msysgit - Git for Windows - Google Project Hosting github からソースコードを取得するため。 その他ビルド用のツールは、GnuWin を使用する。 GnuWin | Free Development software downloads at SourceForge.net コマンドへのパスは通しておく。 bison-2.4.1 libintl-0.14.4 regex-2.7 cmake-2.8.9-win32-x86 1. mruby のソースコードを取得する $ git clone https://github.com/mruby/mruby.git 2. ビルドする [Visual Studio コマンド プロンプト (2010)] を起動して、ソースを取得したディレクトリに移動する。 さらに、以下のコマンドを実行する。 > cd build > cmake -G "NMake Makefiles" .

Read More